top of page

リフォームとリノベーション

2023年8月21日

リフォームとリノベーションの違いをご存じでしょうか?


リフォームとは

老朽化した建物を新築に近い状態に戻すことです。

住まいに暮らし始めてから一定の時間が経つと、外壁や内壁、水回りの設備などが老朽化していきます。老朽化したままにしておくと、住まいの耐久性や外観が悪くなります。そのような際に、老朽化した箇所を新築に近い状態に改修することがリフォームです。


リフォームの例としては、キッチンやユニットバス設備の交換、壁紙・外壁の塗り替えなどが挙げられます。比較的狭い範囲での工事をリフォームと呼ぶ傾向があります。


リノベーションとは

既存の建物に工事を加え、既存のものよりも価値を高めることです。

間取りの変更や水道管や排水管の変更など、リフォームとは違い大規模な改修のことを指す傾向があります。

また、中古物件を購入して自分好みの家にしたり、家族構成の変化に合わせて暮らしやすい住まいに作り替えたい場合などに活用される方法です。


<リフォームのメリット・デメリット>

メリット

デメリット

・工期が短い


・完成がイメージしやすい

・設計の自由度が低い


・デザイン性を重視しづらい


リフォームは壁紙の貼り替えや外壁の塗り替えのような、比較的狭い範囲の工事になるため、工期が短い傾向にあります。トイレやユニットバスの交換であれば、数時間から数日程度で済ませることも可能です。また、リフォームは基本構造を変えずに、部分的な改修が多いことから、完成がイメージしやすいメリットがあります。今までの住まいを大幅に変えることなく、快適性を向上できます。


デメリットとして挙げられるのは、設計の自由度が低いことです。

リフォームは先述したように、部分的な改修のため、できることが限られます。

また、リフォームの場合、リフォームをした箇所としていない箇所で統一感が失われてしまう可能性があることにも注意が必要です。


<リノベーションのメリット・デメリット>

メリット

デメリット

・設計の自由度が高い


・物件の資産価値が高まる

・工期が長い


・ローンの金利が高くなりやすい

リノベーションでは、間取りの変更のような大規模な改修を行うため、自分の好みに合わせた設計が可能です。また、改修した箇所としていない箇所で統一感がなくなるということを防げます。

さらに、リノベーションは住まいの仕様や設備をより良いものに変更することから、物件の資産価値を高められるということもメリットです。


デメリットとしては、工期が長いということです。大規模な改修を行う分、工事の完了までに時間がかかり、仮住まいの費用などが大きくなる傾向があります。

また、リノベーションでは一般的な住宅ローンが利用できず、ローンを組む際には金利の高いリフォームローンを組む可能性があることもデメリットのひとつです。念入りな資金計画が必要になります。


リフォームとリノベーションの費用比較

ここでは、リフォームとリノベーションにかかる費用を比較していきましょう。

リフォームの費用相場は、どの部分を工事するかによって変わります。国土交通省が公表している「令和5年度 住宅市場動向調査報告書」によると、リフォームにかける資金の平均額は206万円です。

リノベーションの費用相場は、面積や採用する設備のグレードによって変化します。目安としては、600万円〜1,700万円をみておくと良いでしょう。予算に合わせて、リフォームとリノベーションを選択することがおすすめです。

bottom of page